脳動脈瘤に要注意|生と死の分かれ道になる

医者

喉のがんをご存知ですか

ドクター

咽頭がんは3つの部位に分けられ、それぞれ症状が異なります。上咽頭は目や耳、鼻の異常、中咽頭はのどの腫れや頸部のリンパ節の腫れ、下咽頭は声のかすれやのどの痛みなどが特徴で、放射線治療や抗がん剤、手術によって治療が行われます。予防方法として、刺激の強い物、煙草やアルコールなどを避けるようにしましょう。

もっと読む

新しい治療方法

病院

サイバーナイフを受けると治療後に浮腫や壊死と言った副作用が起こる場合があるため注意が必要ではありますが、治療を受ければすぐに改善するので心配はいりません。サイバーナイフ最大の特徴は主要部分にだけ的確に放射線を当てることが出来るという点です。

もっと読む

体の不調に気づいたら

病院

頭痛や感情の不安定など、いつもと違う症状が続いたら、自律神経失調症のセルフチェックをすると良いです。治療は投薬治療が基本となります。しかし最近では、鍼灸治療も併せて利用する人がいます。緊張を和らげたり、冷えを改善できるのが魅力です。

もっと読む

心臓の血管の病気とは

診察室

後遺症が残ることも

友人が心筋梗塞の発作をおこし緊急入院をしました。危険な状態だったのですが医師の懸命な治療のおかげで命をとりとめました。日中はなんともなかったのですが夕方頃から強い胸の痛みや吐き気、呼吸困難、冷や汗などの症状が出てきたそうです。急いで病院に行って診察を受けたところ心筋梗塞だと診断され緊急手術が行われました。手術はカテーテルを挿入して詰まった冠動脈を広げて血流を元に戻す治療をしたそうです。友人の手術は成功しましたが軽い心不全の後遺症が残ってしまいました。そのため少しの運動で息切れや疲労感を感じることが多くなりました。心筋梗塞は冠動脈に動脈硬化が起きて血管が狭まり心筋に血液が循環しなくなったことで発症します。

動脈硬化が原因

友人は糖尿病や高血圧の症状があり、それが動脈硬化を引き起こす原因になったのです。動脈硬化は脂質以上や肥満なども発症する原因となります。また首の血管に動脈硬化が起きるとそこで出来た血栓が脳の血管に詰まり脳梗塞を発症することもあります。心筋梗塞も脳梗塞も血液の循環が悪くなることで細胞が壊死して脳や心臓の機能が低下してしまう病気です。いったん壊死した細胞は元には戻りません。そのため後遺症が残ってしまうのです。心筋梗塞や脳梗塞を予防するためには糖尿病などの生活習慣病を予防することが大切です。脂質やコレステロール、塩分の摂り過ぎに注意するようにしましょう。また栄養バランスのとれた食事をして肉よりも魚や野菜を多く食べるようにすることが必要です。ほかにウォーキングなどの有酸素運動は血液の循環をよくします。

定期健診がカギ

脳動脈瘤は脳にある血管壁がもろくなることで起こる病気の一つです。また、基本的には遺伝に関係していますが、遺伝以外でも脳動脈瘤になってしまうことが十分あり得るので注意しておくのが得策です。残念ながらこれらを予防できるワクチンなどは開発されていないので、事前に防ぐことはほぼ不可能です。しかし、定期検診などで早期発見することで助かる可能性もあるので、検診を怠らないようにするといいでしょう。